Call for media suppoters

supporter_banner
サポーターの受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました!

JAWS DAYS 2016 では、AWSユーザーによる年に一度の全国規模のラーニングイベントをメディアを通じてより多くの方にお届けしていたけるサポーター企業様を募集いたします。

昨年は「Dive deep into the cloud」のテーマで開催し、約1,500名のエントリー、当日約1,100名の来場者があり、クラウドをより深く学ぶと共に、多くの参加者どうしの交流がありました。
今年はテーマを「Move Up the Next Cloud」とし、IoTやビッグデータ、サーバーレスアーキテクチャなど、さらに多数の方々と共に、クラウドの新しい概念にパラダイムシフトすべく多くの企画を準備しております。

当日は7トラックで約40のセッションに多くのスピーカーの方々がご登壇されます。
日本全国津々浦々まで、一人でも多くの方と素晴らしい体験やナレッジを共有するべくボランティアスタッフが日夜WebやSNSで情報を公開しておりますが、まだまだパワーが足りません。
ぜひ当イベントの主旨にご賛同いただき、AWSユーザーの盛り上がりを応援してください。

受付期限

2016/2/19 の受付までとさせていただきます。

サポーターシップの目的

JAWS DAYS 2016のサポーターシップは、ただお金を出すのみの形ではなく、サポーター企業様自身がイベントへの参加を通じて参加者とのより良い接点を増やし、コミュニティへの貢献を通じたファンの獲得など、エンゲージメントの向上を目的としています。

これまでコミュニティは個人の勉強の場として機能してきましたが、我々は、コミュニティは企業も一緒に勉強する場になると信じています。コミュニティを応援することで個人のスキルアップだけでなく、企業の皆様にもその成果がリターンされる世界を作りたいと考えています。そのためには、企業の皆様のコミュニティへの貢献が不可欠です。

メディアサポーター

サポーター参加要件

  • コミュニティ活動に理解があり、コミュニティを支える熱量を持つ企業であること
  • メディアを介した金銭以外での貢献手段についてお申し込み時にご登録いただけること。(実行委員会にて審査させていただきます)
  • イベント開催前の告知にご協力いただけること(方法については上記同様お申し込み時にご登録ください)
  • イベント当日に現地取材が可能であること

サポーターメリット

  • 公式Webサイトへのロゴ・サポーター紹介記事の掲載
  • 会場でのカタログやパンフレット等の配布(配布スペースに置いておく形となります)

ご案内

  • 当日担当される方のエントリーや決済については通常の参加者同様にお願いします。
  • セッションエリアにはプレス専用席はございません。ご取材はセッションの進行や参加者の妨げにならない範囲でお願いたします。
  • その他、撮影等に関するお願いに関しては開催ポリシーに準じます。ご不明な点はお気軽にスタッフまでお尋ねください。
    http://jawsdays2016.jaws-ug.jp/policy